異常事態に陥ない工夫をする

免疫力とは、ウイルスや細菌など身体に害を与えるものから、私たちの身体を守ってくれる心強い存在です。
しかし、花粉や埃など、本来身体に害を与えない存在に対して、異常機能に陥ってしまうのはなぜなのでしょうか?

免疫力の異常について

免疫異常とは、本来身体に害を与えないものに対して、攻撃をし、自分細胞を傷つけてしまう状態です。
例えば、喘息やアトピー、花粉症などのアレルギー症状は全て免疫異常が原因だと言われています。

花粉は人体に害を与える事はありません。
ですが、免疫が異常に働く事で、花粉が体内に入ると、血管が広がり、筋肉が収縮し、神経が刺激される事でヒスタミンを過剰に分泌します。その結果、花粉を害があるものと体内で誤認され、抗体が過剰に生産されるため、花粉症の症状が引き起こされます。
花粉症の場合は、目や鼻で起こりますが、気管支で起こると喘息、皮膚で起こるとアトピーになり、原理は同じだと言えます。
そしてこれらの免疫異常によるアレルギー症状は、現代病とも呼ばれ、患者は増え続けています。

免疫力異常の原因は?

ではなぜ免疫に異常が起こり、アレルギー症状が発病してしまうのでしょうか?
まず最初から花粉や埃に対して、アレルギー症状が出る訳ではありません。
最初は平気だったのに、ある時突然発症し、それ以降はずっとアレルギー症状が出るようになってしまいます。
これは、花粉や埃といった原因物質が体内に入ると、体内でIge抗体が作られ、それがある水準に達するとアレルギー症状として現れるためです。ではなぜ、Ige抗体が体内で作られるのかというと、実はまだ原因が特定されていません。

ただいくつか考えられる原因は、日常生活の無菌化が関係していると言われています。
つまり細菌に触れる機会が少なくなり、免疫が働く機会が減り、機能自体が低下したというわけです。
他にもストレスやホルモンが関係しているという考えもあります。

確かにストレスは免疫機能自体を低下させる要因でもあるため、免疫異常に関係していても不思議はありません。
ちなみに、免疫の異常を治療する事が出来るのか?というと、原因が特定されていないため、完治は難しいと言えるでしょう。
ただし、アレルゲン免疫療法という治療が行われています。

これはアレルギーの原因であるアレルゲンを体内に投与する事で、アレルゲンに慣れ、症状を和らげるという治療法です。
確かに症状の緩和には効果がありますが、アレルゲンに慣れるために3~5年と長期間の治療が必要となります。
さらに、全ての患者に効果があるわけではありません。