長生きするには免疫を上げることが重要

私たちの身体が健康でいられるのは、免疫力の働きのおかげです、
では免疫とは、身体の中でどのような働きをしているのでしょうか?

免疫力の働きについて

まず免疫の働きと言えば、異物を排除する事です。
免疫は体内で自分自身の細胞や組織と、自分以外のものを区別し、自分以外のものを異物と認識し排除するのです。

異物とはがん細胞のように、体内で発生するケースもありますが、ウイルスや細菌のように外部から侵入するケースもあります。
外部からの侵入は、最初に皮膚や粘膜で阻止しようとします。
しかしここで異物の侵入を止める事が出来ない時には、次は好中球やマクロファジーが異物を食べて排除します。

ですが、ここでも侵入が止められない場合は、抗体の力を借りて侵入を阻止します。
インフルエンザのウイルスなどは、感染力が強く、また毎回違う形にウイルスが進化しています。
そのため抗体が存在せずに、侵入を阻止する事が出来ないのです。

免疫細胞の種類について

免疫細胞は1種類ではなく、いろいろな種類が存在し、それぞれ働きも異なります。
「好中球」や「マクロファージ」は体内に侵入してきた異物を食べて阻止します。
マクロファージには異物を阻止するだけでなく、異物の侵入をTリンパ球に伝達する働きもあります。

「NK細胞」ナチュラルキラー細胞と呼ばれます。血液中でウイルスの感染細胞やがん細胞を退治する細胞です。
「Bリンパ球」は異物を排除するために、抗体を作り、次の侵入に備えています。
「Tリンパ球」はヘルパーT細胞とB細胞を活性化させる働きがあります。

免疫力をアップさせる方法

現代社会では、仕事の労働環境も大きく変化し、不規則な生活をしている人がたくさん存在しています。
そして食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が原因で、若くても免疫が低下してしまう人が増えているのです。
免疫力が低下してしまったら、疲労もなかなか回復しませんし、感染症や病気にもかかりやすくなってしまいます。
健康的に生活するためには、免疫は欠かせませんから、生活習慣を改善し、低下してしまった免疫をアップさせましょう。

まず、喫煙の習慣がある人は、禁煙をするだけでも免疫は大きくアップします。
これは喫煙が抗体を作るマクロファージを減少させてしまうからなのと、喫煙により血行の流れが悪くなるためです。
また免疫に指令を出しているのは、自律神経です。
自律神経は、睡眠によってバランスを保っているため睡眠不足は厳禁です。
また自律神経は睡眠以外にも、ストレスに大きく影響を受けるため、ストレスも溜めこまないように注意して下さい。

免疫細胞の70%以上は腸に存在するため、腸内環境を整える事が重要です。
そのため醗酵食品や食物繊維を多く含む食品を摂取しましょう。
もちろん、発酵食品や食物繊維以外にも免疫細胞を作るタインパク質など、バランスよく栄養を摂取する事が大切です。

体温が1度下がると30%免疫が低下すると言われています。
つまり女性に多い冷え性は、免疫低下の原因でもあります。
体温を上げるためには、体内の筋肉量を増やし、血行をよくするために適度な運動が必要です。

そして直接身体を温める方法も、体温を上げるためには有効的な方法です。
お風呂に10分つかると1度体温は上昇するので、シャワーだけですませずに、湯船にゆっくりつかる習慣をつけて下さい。
日々の生活を楽しむ事も大切です。
生活を楽しむ事で、ストレスも少なくなりますし、何よりも笑顔が免疫アップに効果があるのです。